下心を隠して女性に近づいた男の話

本当は下心があったけど隠して女性に近づいてみました。

彼女と妹が超ドS


初めて、彼女の家に遊びに行きました。
彼女の家には、彼女の母と、高校生の妹がいました。
簡単に挨拶した後、彼女の母はパートに出かけるため、家の中は、僕と彼女と、彼女の妹の3人だけになりました。
すると、彼女の妹が、突然僕に飛びついてきて、「ねえ、今から犯してもいい?」と言ってきたのです。
僕は何が何だか分からず、彼女に助けを求めると、「実は私の妹、超ドSなの。だからお願い、妹に犯されて」と言ってきたのです。
もちろん僕は、「いや、さすがにそれは無理だよ」と言いました。
すると彼女は、「分かった。じゃあ2人で犯せば問題ないでしょ」と言って、彼女も僕に飛びついて、妹と一緒に、僕を拘束してきたのです。
僕は、手と足を縛られて、完全に身動きが取れない状況でした。
そして、裸姿にさせられた僕は、彼女と妹に、チンポと乳首を舐められたのです。
彼女は乳首を舐めて、妹はチンポを舐めます。
特に、妹のチンポ舐めは、凄く気持ち良くて、思わず声が出てしまいそうでした。
その後、彼女も妹も、徹底的に僕を犯してくるのです。
手コキで何度も射精させられた挙句、最後は妹に生で挿入させられて、そのまま騎乗位で逝かされてしまったのです。
妹は凄く満足した様子で、「また犯してあげるね」と言って、自分の部屋へと戻っていきました。

深夜でもできちゃうLIVEチャット

Comments are closed.

© 2014 下心を隠して女性に近づいた男の話